山一株式会社

“野村佃煮メイン”

味、ボリューム、共になっ得!オリジナルキャラクターを用いた佃煮パッケージ。
株式会社野村佃煮 様

1931年創業、京都 野村佃煮様の新シリーズの佃煮6種類をデザインいたしました。京の台所を守って八十余年、京料理を基本とした技と心で、佃煮・お惣菜の商品開発に長年取り組んでおられます。佃煮の美味しさを、もっとお子様や若年ファミリー層に伝えたいとのご依頼をいただき、市場調査からスタートした本企画。オリジナルキャラクターを制作しメインビジュアルとし、従来にない佃煮のイメージとなるよう着地させています。「美味しい佃煮でご飯を沢山を召し上がって頂きたい」という野村佃煮様のメッセージを、キャラクターの2人が楽しくポップにお届けします。中身がしっかりと見えること、デザイン性とのバランス、製造現場での作業性も考慮し、材質やサイズ感も検討。トレーとシールにて展開する形で提案をしております。

野村佃煮1 野村佃煮2

オリジナルキャラクターを制作

佃煮を愛する双子のキャラクターを設定しました。

・競い合うように良く食べる。
・それぞれ佃煮にはこだわりがある。
・朝と夜はご飯を食べないと気がすまない。
・美味しさのあまり泣くことある。

親しみやすく個性をもった2人のキャラクターが
佃煮愛と佃煮の魅力を伝える、企画提案をいたしました。

野村佃煮3

【なっ得!】に込めた2つのメッセージ

本格派の佃煮を、毎日たくさん食べていただけるよう
大容量パックにこだわった新シリーズ。

・味への満足感
・ボリュームと価格へのお得感を

【なっ得!】のモチーフで表現、アイキャッチとしました。

野村佃煮4

ブランドロゴを新たに提案

野村佃煮様のグループ企業、「京のお菜」様からの販売となるため、新たにロゴの提案をいたしました。

京料理の伝統を取り入れた、和惣菜/佃煮を販売される会社であることを、シンプルなイメージで表現。ちりめん、昆布、大豆など象徴される食材やカラーを取り入れ、親しみやすさとオリジナリティを大切に若い方への訴求につながるようデザインしています。

サービスカテゴリー

サービスカテゴリー

担当営業:服部 浩明 デザイナー:坂田 楓子

提案事例一覧に戻る